『RPG学研究』では、『RPG学研究(Japanese Journal of Analog Role-Playing Game Studies)』(略称:JARPS)は、日本RPG学研究会によって発行される、オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです。本誌では、日本のTRPGやLARPをはじめとした、非デジタル(いわゆる”アナログ”) のロールプレイング・ゲームの意義や可能性を、グローバルな文脈の中で探究し、その知見を発信していくこと目的としています。

本誌は、日本RPG研究会(Japanese Association for Role-Playing Game Studies) によって発行される、日英バイリンガルの査読付き学術誌です。テーマはTRPGやLARPなどのアナログRPGに関する理論的・実証的な研究のみならず、アナログRPGの教育的・政治的・診療的な応用についての研究など,幅広い領域が含まれます.また,研究論文のみならず,実践報告や,社会や教育の中でこれらのゲームを活用していくための資料やツール,アナログRPGについて幅広い情報提供を行う書評やショートノートなども歓迎します。

TPRGやLARPなどアナログRPGにかかわっている研究者や実践家の皆さん、この雑誌に論文を投稿することに興味はありませんか。本誌への投稿をご検討いただける方は、ぜひ、「この雑誌について」と「執筆要項」(現在準備中)をご覧ください。また、原稿をご投稿いただくためには、あらかじめ、この雑誌に「著者」として登録していただく必要があります。「著者」情報の登録が済んだ方は、投稿ページよりログインして、指示に従って,原稿を投稿してください。